Tag: バイナンス

バイナンス、ドバイで暗号資産取引所のライセンス取得

バイナンス、ドバイで暗号資産取引所のライセンス取得

バイナンスがドバイで暗号資産取引所のライセンス取得 大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、中東ドバイで暗号資産取引所運営ライセンスを取得したことが3月16日分かった。 これによりバイナンスは、ドバイの規制当局であるドバイ暗号資産規制機関(Dubai Virtual Asset Regulatory Authority:VARA)の規制下のもと、適格投資家やプロの金融サービスプロバイダーに限定し、商品とサービスの拡張が許可される予定とのことだ。 なおVARAは、今月3月9日に公布されたドバイ暗号資産規制法により設置された暗号資産事業に関する規制当局だ。現状の規制は初期段階で、小売市場へサービス提供するにはVARAの監視のもと段階的にライセンスが開放されるとのことだ。 なおバイナンスは、VARAからライセンスを取得した最初の暗号資産取引所となったとのこと。 アラブ首長国連邦(UAE)の都市ドバイは、ドバイ市のみで首長国を構成する、事実上の都市国家である。ただし、首長とは別に市長が置かれ、主に民政を担当している。 昨年9月、アラブ首長国連邦(UAE)の金融規制当局は、経済特区となるドバイ世界貿易センター局(DWTCA)のフリーゾーン(FZ)において、暗号資産に関する金融活動について支援を行うことを発表。昨年12月にはバイナンス(Binance)がドバイ世界貿易センター局と提携して暗号資産に関する規制構築の支援を行うことを発表し、3月にはドバイ暗号資産規制法が公布された。 なおバイナンスは3月15日にもバーレーン中央銀行から暗号資産サービス提供の為のライセンスを取得している。これによりバイナンスは湾岸アラブ諸国協力会議(GCC)における暗号資産プロバイダーとして、第1号のライセンス取得企業になったとのことだ。 関連ニュース バイナンス、ブラジルの証券会社買収に向け覚書締結  バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得 バイナンス、ロシアで発行されたMastercardとVisaの利用停止に バイナンス、ドバイの暗号資産ハブ構想を支援へ UAE規制当局、ドバイの経済特区で暗号資産取引を推進 参考: バイナンス ...

バイナンス、メタバースのHighstreet(HIGH)上場

バイナンス、メタバースのHighstreet(HIGH)上場

バイナンスにHIGH上場 大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)で、暗号資産ハイストリート:Highstreet(HIGH:ハイ)が上場したことが12月17日分かった。 バイナンスが新規上場を発表するのは、12月10日のフラックス:Flux(FLUX:フラックス)以来で、現在6週連続で新規通貨の取り扱いをしている。 HIGHは12月17日7:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されており、取引ペアについてはHIGH/BTC、HIGH/BUSD、およびHIGH/USDTとなっている。 なおHIGHの入金および、引き出しについても既に開始されている。 ハイストリートは、物理的な世界とデジタルな世界を架け橋に、ゲームやショッピング、NFTが展開されるMMORPGメタバース。HIGHはハイストリートのユーティリティおよびガバナンストークン。 なおHIGHはエムイーエックスシー(MEXC)といった暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)やパンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。 またバイナンス上場前は2,300円台から2,900円台を推移していたが、上場発表後6時間ほどで一時価格は4500円の最高値まで急騰。そこから記事執筆時点では1500円台にまで落ち込んでいる状況だ 。なお現在HIGHの時価総額は約40.6億円となっている(12/20コインマーケットキャップ調べ)。 関連ニュース バイナンスにFlux(FLUX)上場 バイナンスにBiconomy(BICO)上場 バイナンス、クロスチェーンスワップの「Anyswap(ANY)」上場 バイナンス、自律分散型組織の「Merit Circle(MC)」上場へ バイナンス、インドネシアでデジタル資産取引所を設立へ 参考: バイナンス ...

バイナンス、「Binance. com」のシンガポールでの一部サービス停止を追加

バイナンス、「Binance. com」のシンガポールでの一部サービス停止を追加

「Binance.com」、シンガポールでの一部サービス停止を追加 大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がシンガポールでの提供サービス変更を9月27日に通知した。これにより「Binance.com」が提供する一部機能について、シンガポール居住のユーザーは10月26日4:00(世界協定時)より利用制限がかけられる。 利用制限がかけられる機能はシンガポールで規制対象となる「法定通貨の入金」「暗号資産のスポット取引」「法定通貨による暗号資産の購入」「Binance Liquid Swap(プールに流動性を提供することで取引手数料や利息を得るサービス)」だ。 バイナンスは通知にてユーザーに対し、利用制限のかかる期日までに関連する全ての取引の停止や法定通貨の引き出し、暗号資産の引き換え等対応するようにアナウンスしている。 「Binance.com」は今月2日にシンガポールの規制当局である金融管理局(MAS)の「警告リスト(未登録業者)」に追加されていた。それを受けバイナンスは法定通貨である「SGD(シンガポールドル)」の取引ペア停止の他、「SGD」のペイメントオプションの停止、およびシンガポールでのiOSとGoogle Playでのアプリ削除を10日に実施している。 その際バイナンスのCEOであるCZ(Changpeng Zhao)氏は「Binance.com」のシンガポールでの一部サービス停止について「シンガポールのユーザーにはさらにサービスの制限があるかもしれません。私たちはルールは作りません。MASが作ります。それに私たちは従います。何卒ご理解ください」と自身のTwitterにてコメントしていた。 このようにCZ氏のTwitterにもある通り、今回さらなる規制準拠の為に「Binance.com」の提供サービスの変更を再度行うことになったようだ。 バイナンスは今回の発表で「当社はコンプライアンスへのコミットメントに沿って、規制対象の決済サービスに関してシンガポールのユーザーを制限します」とし、また「私たちの目的はブロックチェーン技術とデジタル資産を中心とした持続可能なエコシステムを構築することであり、このような取り組みが長期的には現地市場での業界の発展につながることを期待しています」と述べている。 なおシンガポールではバイナンス・アジア・サービス(Binance Asia Services Pte.Ltd.)が運営する地元の暗号資産取引所「Binance.sg(バイナンスシンガポール)」がある。「Binance.com」とは独立した取引所だ。 現在MASにライセンスが申請されており、MASより付与された関連免除措置の下で運営されている。9月13日からは「Binance.sg」から「Binance.com」へのトークン転送ができなくなっている。 “news”: binance banned ...

See More